漫画

『舞妓さんちのまかないさん』小山愛子

現在週刊少年サンデーで連載中の『舞妓さんちのまかないさん』

この漫画が面白い!!

京都のど真ん中にある花街。青森からやってきたキヨは、舞妓さん達が共同生活を営む「屋形のまかないさんになり、幼なじみのすーちゃんは、舞妓さんになりました。
 まかないさん・キヨが台所から綴る、花街と舞妓さんの日常!

▼ストーリー

主人公は中学を卒業してすぐに青森から幼なじみのすーちゃんと共に舞妓になるために京都にやってきたきよちゃん。だが、すぐにキヨは舞子の道を諦める事になる。
だが、そこで青森に帰らずに屋形(舞妓置屋)で賄いの仕事をする事になった。その賄いのキヨが毎回作る料理が舞妓すーちゃんをはじめとする舞妓さんたちを元気づける。

とてもほのぼのしているが、同時に厳し舞妓の世界も細かく描かれている。

なんともいえない独特の世界観でキヨとすみれ(すーちゃん)そしてもうひとりの幼なじみ健太の3人の物語を描くとても良い作品。

▼連載

『週刊少年サンデー』(小学館)にて2017年5・6合併号より連載中。

▼受賞歴

2019年度、第65回小学館漫画賞少年向け部門受賞

▼単行本

2021年7月12日に17巻発売

▼作者

小山愛子(こやま あいこ)
青森県十和田市出身、横浜市育ち
西条真二や雷句誠のアシスタントを経て、2001年、まんがカレッジ努力賞受賞。
同年、少年サンデー超増刊に『日常戦線』でデビュー。
2011年「ゲッサン」7月号より『ちろり』の連載を開始。
2017年「週刊少年サンデー」5・6合併号にて『舞妓さんちのまかないさん』の連載を開始。
2020年1月22日に「舞妓さんちのまかないさん」で第65回小学館漫画賞(少年向け)を受賞。
その他の作品
『PING PONG RUSH』『勤労クレシェンド』

  

amazon

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です