読切

スペリオール特別読切『野球少年』江平洋巳

スペリオール16号に掲載された特別読切『野球少年』がとても良かった。

「白球を追いかけた少年は、大人になったら何になる?」

大人になって野球をやめた、元野球少年の現在を描くちょっとせつない物語。

作者は江平洋巳さん。初めて聞いたが、少女漫画が多いのかな。他の作品をちょっと見ても、これだけすごく異質の作品に思うがどうだろう。

ちなみにこれが小説家・岩井志摩子さんとのコラボ作、「恐ろし譚」だ。

またいつか読んでみよう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です