漫画

「お前はお前の身体と時代を持ってどこへ向かう?」ワールドイズダンシング

「ワールド イズ ダンシング」モーニング34号に掲載の第十四話 まだ

将軍・足利義満のところからの帰り道、ハコビの練習をしながら帰る鬼夜叉の前に父、観阿弥が現れる。

話の最後の観阿弥のセリフ。

「お前は母に似てきた」
長じたとしても身体の丈も質も俺と同じにはならんだろう
「俺とお前は身体も生きる時代も違う」
「鬼夜叉」
「俺は俺の身体と時代の中で行けるところまで行く」
「お前はお前の身体と時代を持ってどこへ向かう?」
「これより先に観阿弥は二人いらぬぞ」

ものすごいかっこええーんやけど。

鬼夜叉は観阿弥の後継ぎじゃなかったのか?
ここで突き放すのか。

生きる身体と時代が違うという発想よ。

これはますます楽しみになってきた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です