漫画

『定年退食(ていねんたいしょく)』藤子・F・不二雄

ビッグコミックオリジナル15号に「藤子・F・不二雄SF短編コンプリート・ワークス」全10巻発刊記念として、藤子・F・不二雄の『定年退食(ていねんたいしょく)』が掲載された。

1973年(昭和48年)の作品で、未来の高齢化社会が描かれた作品。

人口増と食料不足、医療供給、年金問題。配給制度が行われる管理社会。

そして高齢者の保障を打ち切る定員法。

これが50年前に描かれた作品なのか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

10 + six =